人生儀礼

人の生涯には幾つかの節目があり、古来それに当たる時に神社を参拝し御祈願を受ける習わしがあります。

初宮詣(安産御礼)

赤ちゃんの健やかな成長を祈るため、初めて神社にお参りするのが初宮詣(お宮参り)です。
安産祈願をされた方が無事出産をされ、誕生後、30日から100日前後にお参りし、健やかな成長と幸せを祈ります。

七五三詣

子供の成長に感謝し、これからの無事を祈って神社にお参りするのが七五三詣です。
古くより3歳を「髪置」(かみおき)(髪を伸ばし始める)・5歳を「袴着」(はかまぎ)(袴を付け始める)7歳を「帯解」(おびとき)(つけ紐の着物から帯を巻く着物に替える)の祝いと言い、この年に神社に参拝し、無事な成長を祈願します。

厄祓

古くから人々は、特に気をつけなければならない年回りを「厄年」と呼んできました。
一般的に男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳が大厄とされ、この前後を前厄・後厄と言って3年間つつしむものとされました。この年齢は人生の大きな転機を迎える年回りとされています。