神 話

ストーリーをテキストで読む

良縁・子授け・安産の神さまで有名な、コノハナサクヤヒメ 。
コノハナサクヤヒメは日本神話で一番美しいと言われる神さまで、アマテラスオオミカミの孫であるニニギノミコトの奥さまです。
これは、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの物語です。

国を治めるため、高天原からやってきたニニギノミコトは、ある日、笠沙の岬を散歩しているときにとても可憐で美しい女性に出会いました。

「なんて清らかで素敵な女性なんだ!」
ニニギノミコトはすぐにコノハナサクヤヒメにプロポーズをします。
コノハナサクヤヒメのあまりの美しさに、一目惚れをしたのでした。

「アマテラスオオミカミ」の孫であり、国を治める立派な男性であるニニギノミコトからのプロポーズにコノハナサクヤヒメはとても喜び、2人は夫婦になりました。

一晩を共に過ごすとニニギノミコトは国を治めるため仕事に向かいました。
仕事はとても忙しく、やっとの思いで家に帰ると、
コノハナサクヤヒメはとても嬉しそうに子供ができたことをニニギノミコトに伝えました。

ところが一夜限りで身ごもったため、本当に自分の子なのかと疑われてしまいました。

「そこまで疑うというなら、子供を産むための産屋に火をつけながら子供を産みましょう。他の神の子であれば耐えられません。大神さまのお孫であられる、あなたの子であれば、怪我なく立派な子供が産まれます」

疑われてしまったコノハナサクヤヒメ。
身の潔白を証明するため、自分で用意した産屋に火を付け、
その中で無事赤ちゃんを3人も産み、身の潔白を証明しました。
そして仲直りした 2 人は子供を大切に育てました。

この神話から、コノハナサクヤヒメは「良縁・子授け・安産」の神様として深く信仰されています。