歴史

御由緒簡易年表

崇徳天皇の永治元年(1141) 摂津国の住人、現宮司家の祖、小山田清寧(きよやす)が勧請
元亀二年(1571) 小山田清寧の子孫である浄円(当山派別当)が御神体を奉じ、小牛田村旧屋敷に住む
天正三年(1575) 祠を建て御神体を鎮め奉る
寛文二年(1662) 自円の孫、宥鏡の時、仙台藩において新たに小牛田駅を開設するに際して、南小牛田村町屋敷の地に社殿(間口9間・奥行4間)を造営・遷座
元文元年(1736) 宥鏡6世の孫、尊順の時、村内で大火があり、類焼
元文五年(1740) 社殿 再建
寛政四年(1792) 尊順の孫、憲牛の時、社殿の改築を起工
同年、山神永代献膳碑建立
文化六年(1809) 社殿造営完成

仙台藩領内外、宮城県はもとより東北一円にわたり広範囲に崇敬信仰を集めてきた山神社は、御鎮座より100年も経過しないうちに社殿を造営されたことからも、多くの方から熱心な崇敬信仰を集めていた事がうかがえます。

1700年代には代参講を結成し、現在に至っております。

明治になり、小牛田町の総氏神として、ありがたくも国(太政官布告)より指定を受けました。同時期、下小牛田鎮座の無各社日枝神社、西原鎮座の八幡神社、町屋敷鎮座の郷社日枝神社、山崎鎮座の神明社を合わせお祀りし、山神社は郷社に昇格致しました。

明治四十一年八月 町内の大火事の際全焼
社掌・憲一郎、仮宮に御神体遷座
大正六年 火災後、社司・昇が境内地として現在地を取得
本殿・幣殿を造営、拝殿・社務所を仮設し大正6年12月26日遷座祭を斎行
同年十二月二十六日 遷座祭が斎行される
昭和四年~九年 拝殿・参集殿を新築
合わせて神域整備も行われる
昭和五十四年 造営より半世紀の歳月を経た事で雨漏りが発生
社殿屋根銅板葺替工事を行う
平成四年 平成御大典記念として、手水舎、透塀を造営
平成十一年 今上陛下御即位十年記念として社務所の造営事業を行う
平成十五年 御即位十五年記念として大鳥居建立
平成二十九年 遷座百年記念大祭 記念事業の概要 神前燈籠二十基参道に設置・殿内調度品新調・奉名碑設置

【御神体についての口伝】
元亀2年(1571年)宮司家の祖(当山派の別当)が様々な経緯により、御神体を平泉に奉遷する道中に小牛田へ宿をとることになりました。そして、旅立とうとすると御神体を持った者が動けなくなり、それが一度だけでなく何度もなった為、宮司家の祖は御神体がこの地に鎮め奉る事を望んでいると考え、小牛田の地に住みました。
御神体は安産の神「木花之佐久夜毘売命」である事を告げると初めは近所の人達がお参りに、そして、大変安産の御益がある神様と評判になり、天正3年(1575年)祠を建て御神体を鎮め奉りました。それでも対応しきれないので日枝神社と隣接する土地を取得、寛文2年(1662年)間口9間・奥行4間の社殿を造営・遷座しました。
江戸・明治の御代、町の大火があり、類焼。防火の観点から境内地を大場家に売却。そして、「斎の台地区」に境内地を取得、本殿・幣殿が造営され、大正6年(1917年)に現在地に遷座しました。


山神講中と掛軸

山神講中とは山の神様(木之花佐久夜費毘売命)の御加護を祈願、祈願成就の際には神恩感謝の御礼参りをする信仰者の集まりです。
山神講には山の恵みの御加護を願う山林業(マタギ・材木店)・鉱山・温泉業など男性を主とした山神講
又、木之花佐久夜毘売命の御事蹟の子授け・安産の御加護を願う婦人代参講とあります。
代参講中とは信仰者(部落)のどなたかが代表で参拝。部落では信仰者が集り、掛軸・祠・石碑の所に代表者が受けてきた御札・お供え物をして山の神様を遥拝(遠くから拝む)する信仰者の集まりです。

子授・安産の神様(木之花佐久夜毘売命)を遥拝(遠くから拝む)時に用いる掛軸


大正時代

昭和時代

山神御詠歌

【時代と共に変遷する信仰形態と山神代参講】
1700年代の江戸時代から昭和初期の時代は経済的・交通機関・婦人(嫁)の地位等の時代背景から、特に妊婦さんの参拝が叶わず、代表者が参拝する山神代参講中が結成されました。代参講中では、山の神様のご縁日の3月12日・10月12日に集会場などに集まり、海・山の幸や熟饌(赤飯・煮しめなど加熱した物)を供え御加護を願い、その御下がりを頂きながら日頃の悩みを相談したり手習いなど多くを学び楽しむコミュニケーションの場でもありました。
こうして、山神講は神恩感謝だけでなく、神事を通して日本の良き伝統文化・美風を継承する役割もになって来ました。しかし、高度成長で豊かになった近年は各家に車があり、婦人(嫁)の地位が向上して、講で参拝するのではなく、個人で都合の良い時に参拝する信仰形態に変遷し、代参婦人講中の減少と共にそうした機会も減少して来ております。

私達の祖先は四季のある島国の風土の中で自然の恵みに感謝し畏敬の念を抱きながら営んできました。
そして、時代が変わり科学・経済の発展、核家族化が進み、生活の営み信仰形態が変わっても山の神様の御加護を願う想いは絶える事無く続いてまいりました。
このような時代だからこそ、多くの講中が残り、山の神様の御縁日には皆が集まり山の神様の御加護を願い、神事を通して日本の良き伝統文化・美風を継承する山神代参婦人講を次の時代へ守り伝えて参りたいと願っております。

山神御詠歌

御詠歌とは、和歌や短歌に節をつけたもので、山神社では数々の御詠歌が残されています。